本部からのお知らせ

ホリスティックマガジン(年度誌)

~最新号のご案内~

年報誌『HOLISTIC MAGAZINE 2019』 2月26日発行
会員様には、DM郵便で発送しております。

 

※ホリスティックマガジン(年度誌)は、非会員の方でもご購入いただけます。


 

ホリスティックマガジン 2019

~今を生きるレジリエンス~

私たちの人生には、生きている間中、日々さまざまなできごとが起こります。そこにはストレスフルなできごともあり、ときに病気や喪失、事故や災害といった、心身に強いダメージを与える、トラウマの体験に遭遇せざるを得ないこともあるでしょう。そうした、逆境や苦難に出会ってなお、うまく順応したり、つらい状況を乗り切ったりするなかで、心と体の健康や幸福(ウェルビーイング)、人との健全なつながりを取り戻していくことができる。その回復の過程をさす「レジリエンス」という概念が今、多様な分野で注目されています。これからの時代をどう生きるか、この特集が一人でも多くの方の人生のヒントになればと思います。

 

 

 

今を生きるレジリエンス ~本質に戻るちから

CONTENTS
・自然の中での調律と内在神....(森井啓二)
・トラウマとレジリエンス~逆境が育むホリスティックな回復力....(岸原千雅子)
・あるがままに生きる~皮膚疾患の心理療法「森田療法」(細谷律子)
・補完代替療法とトラウマ・ケア....(白川美也子)
・バッチ博士の「汝自身を癒せ」にみる本質に戻る力....(林サオダ)
・世界に響く善きものをとらえる力....(安珠)
・植物に恋して、植物に癒される?....(上野圭一) ほか

 

 (B5版 68頁/2019.2月26日発行)

 

 

定価 1,000円(税込)+ 送料215円 = 1,215円

 


 

ホリスティックマガジン 2018

気づきのメッセージ~幸せをもたらすもの

私たちは幸せになるために生きています。そのためには、老いも死も幸せであることを証明する必要があります。それができれば、超高齢化社会は、ネガティブなものではなく、実は理想の社会なのだという方向への大きな維新が実現するのです。「年を取って楽しいな」「死ぬのも楽しみだ」そんなのを口ぐせにしてみてはどうでしょう。最高の幸せが得られると、私は思います。

『若者がうらやましがる老人になってやろう』帯津良一(著)(海竜社/2017)より抜粋

 

 

 

 気づきのメッセージ ~幸せをもたらすもの

  CONTENTS
 ・幸せの本質とはなにか....(上野圭一)
 ・ひとを幸せにする医療10カ条....(帯津良一)
 ・がんは気づきのメッセージ....(船戸崇史)
 ・患者の変容を生みだすナースの寄り添い....(遠藤恵美子)
 ・愛の「宇宙方程式」と湯川秀樹博士の「素領域理論」…保江邦夫氏講演録
 ・胎内記憶の真実…池川明氏講演録
  ほか

  (B5版 68頁/2018.2月26日発行)

 

 

 

定価 1,000円(税込)+ 送料215円 = 1,215円

 


 

ホリスティックマガジン 2017

~大ホリスティック時代のはじまり~

おかげさまで、日本ホリスティック医学協会は創立30周年を迎えました。今回は、その30年の歴史が凝縮された記念号をお届けします。

 

 

 

大ホリスティック時代のはじまり~新しい健康観の創造

  CONTENTS
 ・協会30年のあゆみ
 ・未来に残したい言葉(バックナンバーセレクト)
 ・先人の名著を今に伝える
  『病になる・病が治るということ』
  『あなたも名医ー死から生を見つめる東洋医学』
 ・場、戦略、直観....(帯津良一)
 ・ホリスティック30年の雑感....(上野圭一)
 ・30年のあゆみを未来につなぐ
  ....(降矢英成/黒丸尊治/岸原千雅子)
 ・医療とケアのまなざし~実践と展望~
  (朴澤孝治/船戸崇史/川嶋 朗/山本百合子/石橋建三
   /はやしひろこ/林サオダ)      
 ・超高齢化社会を生きる....(萱場 裕)
 ・ホリスティックな価値観に目覚める時    ほか

  (B5版 88頁/2017.2月発行)

 

定価 1,000円(税込)+ 送料215円 = 1,215円

 


 

ホリスティックマガジン 2016

~癒しのコミュニケーション~

ホリスティックな医療や健康の実現にとって 健やかな「コミュニケーション」は欠かせません。 人と人とをつなぐ。医療と患者を結ぶ。 そして、そのつながりが「癒し」となる そんな「癒しのコミュニケーション」について 今号では特集としてじっくり取り組んでみました。 温もりのある対話や言葉、やりとりが、どのように 医療の現場をホリスティックにしているのか。 そんな報告や提言も満載です。

 

 

  癒しのコミュニケーション

  CONTENTS
 ・ともにあると伝えるまなざし....(上野圭一)
 ・コミュニケーションが癒しになるとき....(岸原千雅子)
 ・医師と患者間のコミュニケーション....(車田裕通)
 ・患者さんと家族の関係性....(藤井康子)
 ・終末期に寄り添う 安心と癒しのことば...(船戸崇史)
 ・昏睡状態の人とのコミュニケーション...(岩村晃秀)
 ・ホリスティックコミュニケーション...(黒丸尊治)
 ほか

 

  (B5版 68頁/2016.2月発行)

 

 

定価 1,000円(税込)+ 送料215円 = 1,215円

 


 

ホリスティックマガジン 2015

~食べること 生きること~
「食」は、いのちの営みの根幹をなすものです。生命を維持するだけでなく、楽しみや喜び、 慈しみや感謝など 豊かなこころを育むものでもあります。 近年、日本人の食のスタイルに変化が起きています。 経済の発展や科学の発達は、 私たちの食生活にどのような影響を もたらしたのでしょうか。今号は「食」に焦点をあて「食といのち」「食とからだ」の関わりを考える特集です。

 

マガジン2015

 

食べること 生きること

 
・未来へ手渡す生命の種....(野口 勲)
・自然をいただく...............(山本竜隆)
・持続可能なハーブ農場.....(山本秀美)
・望ましい食生活とは........(愛場庸雅)
・現代人の食生活事情
 ほか

 (B5版 67頁/2015.2.25発行)

 

 

 

 

 

定価 1,000円(税込)+ 送料215円 = 1,215円

 


 

ホリスティックマガジン 2014

~ナチュラルエイジング~
女性は年齢を重ねていく中で「更年期」という変化の節目を迎えます。そのとき現れるこころとからだの変化に、私たちはどのように向き合い、どう過ごしたらよいのでしょう。
更年期が、加齢に抵抗する「抗年期」になるか、その先に待つ心身の自由を獲得する「幸年期」になるかは、向き合い方次第です。更年期を「からだの自然の営み」ととらえ、その変化に合わせたライフスタイルを心がけることで、穏やかな「更年期」への扉が開かれるのではないでしょうか。女性はもちろん、男性にも知っていてほしい更年期。今号はホリスティックな視点から更年期とエイジングを考える特集です。

 

d0160105_1026250

 

ナチュラル エイジング
~ホリスティックな視点で考える更年期のケア~

・更年期医療~ホリスティックドクターの取組み...(西谷雅史)(山本百合子)
・アロマテラピーで更年期を楽しく過ごす...(宮川明子)
・女性のからだにやさしいフィトエストロゲン...(林真一郎)
 <症例とケーススタディ>
 漢方治療...(田中耕一郎)
 ホメオパシー...(竹中恵美)
 ハーブ療法...(石丸沙織)
 バッチフラワーセラピー...(林サオダ)
・生活の中のセルフケア 運動のすすめ...(石橋建三)
・本からひも解くそれぞれの更年期

 

 (B5版 67頁)

 

定価 1,000円(税込)+ 送料215円 = 1,215円

 


 

マガジン 2013 【特別保存版】

~いのちに学ぶ 過去・いま・これから~
医療の歴史は長く、人類が生まれたところから始まります。それは、自分で自分をいたわり、不調に気づきそれをケアすること、あるいは親が子を守ることでもあるからです。
そして医療に携わる人、医療を受ける人の間に必ずあるものは、人と人とのつながり、いのちのつながりです。日本ホリスティック医学協会が発足して25年目の今、私たちは「いのち」について、過去に学び、さらに未来を見据えていきます。今号は、特別保存版としてお届けします。

 

mg2013

 

いのちに学ぶ 過去・いま・これから

・世界のホリスティックセラピー/上野圭一監修(綴じ込みカラー付録)
・東西ドクター生老病死の訓え 「治癒の扉をひらく」 アンドルー・ワイル博士&帯津良一医師 語録集
・いのちのつながり
・遺伝子からのメッセージ
・魅力ある宇宙の再発見
・自然とともにすこやかに生きる
・21世紀のスピリチュアルメディスン...(ラリー・ドッシ―博士 講演録)
・いのちに触れるお産と子育て...(はやしひろこ)
・医療の歴史を言葉でたどる
・「世界のホリスティックセラピー」用語解説

 

 (A5版小冊子 83頁)

 

定価 1,000円(税込)+ 送料215円 = 1,215円


 

マガジン2012

~かなしみがいえるとき~
わたしたちが遭遇した、未曽有の大災害。こころから回復・再生していくには、まだ長い道のりが必要とされます。苦しみや喪失感はなかなかいえないでしょう。生きると死ぬ、その境はどこにあるのか。わたしたちはみな。この「かなしみ」を引き受け、この「かなしみ」の中から、またホリスティックな再生を目指して歩んでいかなければなりません。「かなしみがいえるとき」は、まだまだ先かもしれない。しかし一歩ずつでも考え続けていきたい。

 

mg2012

 

かなしみがいえるとき

わたしのまえで母は三度泣いた...(上野圭一)
哀しみからの再生 ~心の傷を癒すということ...(浅野弘毅)
関わりから生まれる希望...(松永千恵子)
希望の灯...(山本 忍)
震災の年を振返って...(山本百合子)
かなしみの果てにあるもの... (林サオダ)
奪われた夕日「かなしみの哲学」とともに...(久保寺岳)

 

 (B5版 67頁)

 

 

 

 

定価 1,000円(税込)+ 送料215円 = 1,215円


 

 

1994~2011年発行のバックナンバー(販売終了)は、こちらをご覧ください

本部からのお知らせ
バックナンバー

おすすめBOOKS・DVD

  • ホリスティックマガジン2019

    ホリスティックマガジン2019 定価:1,000円(税込) B5/68頁
    今を生きるレジリエンス~本質に戻るちから

  • 魂の医療

    DVD「魂の医療 いのちの本質~時代が魂を語り始めた」 DVD(2枚組) Total 3時間12分
    定価: 5,500円(税込)

  • 「ポリヴェーガル理論から学ぶ健康の鍵」
width=

    DVD「ポリヴェーガル理論から学ぶ健康の鍵~自律神経の新しい見解」 DVD(2枚組) Total 3時間53分
    定価: 4,500円(税込)

  • 購入・申込み方法
NPO法人 日本ホリスティック医学協会